ゴマの実

テンプレデザインも自作しちゃったりして力入れちゃったけど…。内容は薄っぺらいブログ。てか、テンプレに力入れすぎちゃったんだね☆
ゴマガエルのゴマの実バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
翌日。

彼女は職場でオレを見つけるなり、話かけてきた。

「ねぇ。アタシどうしたらいいのかな?」




『──────シ ラ ン ガ ナ 。 ナ ン ノ ハ ナ シ ナ ノ カ サ ッ パ リ ワ カ ラ ン シ 。 』

おおっと。イカン。本音言いかけた。

そりゃあ~~~ね。心配ですよ。大事な友人カップルが別れるかどうかの瀬戸際の話をしてるんだから。

心配ですよ。もちろん。人が不幸になったり、悲しそうな顔をしているのは見てるのも辛いけどさ。

でも、そんなのって当事者間の問題であって。それをオレに言われても。





『 イ ヤ ナ ラ ワ カ レ レ バ イ イ ジ ャ ン 。 』



ってすっげぇ遠い目をしながら言える自信あるよ。マジで。

もれなく、乾いた笑いもオマケで付けてあげようか?大声コースと鼻で笑うコース、どっちがいい?






と…まぁ。

つくづく自分という人間の器の小ささを感じるのです。

でもさ。それを表に出したら子供じゃん?そこらへんは社交辞令って便利な技があるじゃん?

「ん~~~~。今は何も答えられないかなぁ。もっと詳しく聞かないと。」

オレは上を向きながら話をした。さも考えてるフリですけどね。



「そうだよね。ちょっと話を聞いて欲しい事が出来たんだけ…「お~~い!A子!」

突然大声が聞こえた。

あの聞き覚えのある声はA子の彼氏の声。

声のした方を振り返ると、不動明王の化身かと思える程まがまがしいオーラを放つ彼がいて。

「こわっ!」

「ごめん!また後でメールする!」

そういうと彼女は笑顔を作って消えていった。






─────────────────ん?

オレ…。

面倒な事に巻き込まれてない?

だってよ?

彼からしてみれば…よ?

彼女から別れ話をされた翌日によ?

例え友人とは言え、彼女が他の男と話してんだよ?

それって印象、すっげぇ悪くねぇの?




あわわわわ。

とりあえず、仕事が終わってソッコーA子にメール。

「あのぉ…彼と気まずい事になってない?」

返事はすぐに来た。

「大丈夫。ずっと私を探してたみたいなんだけど、

なかなか見つからなくってイラついてただけだから。」





────────────────A子ちゃん。

それは見つからなくてイラついてただけではない気がするよ…。



この状況って…。

ただですら少ない友達がさらに少なくなりそうな予感…。

なんだよ~!!!今年の抱負は

「友達100人作りたいとか言わない!

友達が1人でも減らないようにガンバる!」


だったのに…。いきなり挫折しそうじゃんよ…。



心が折れた気がする、2009年第3週目の水曜日の事でした…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gomagaeru.blog39.fc2.com/tb.php/248-83d7d4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。