ゴマの実

テンプレデザインも自作しちゃったりして力入れちゃったけど…。内容は薄っぺらいブログ。てか、テンプレに力入れすぎちゃったんだね☆
ゴマガエルのゴマの実バナー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい。どうも。

最近、下ネタとか、不倫とか、下ネタとか、不倫とか、なかやまきんにくんとか、

話に純粋さを全く欠いてしまったゴマガエルですぅ~。

今日はすっかり失われてしまった好感度を今更ながら上げたいと思います。

もう、今日はいい話をしますよ。


とりあえず、写真を。
















この写真はゴマガエルの地元で撮った写真。

どうして、この写真が好感度につながるのかというと…







ウチの地元は面白い地形をしていて、海を隔てて向こう岸が見える。

つまり、陸地がコの字型。

海を隔てたその先の陸地は24時間、明かりが光々といつも点いていて

小さい頃から夜になるとその光を見て育った。

真っ暗な夜の闇に輝くライトの光。

向こう岸にはどんな都会があるのか、すごく気になった。

「きっと、向こう岸には24時間眠らない街があって、

たくさんの人が向こう岸に住んでいて

人の往来も途切れる事もなくて、

いつも楽しい場所なんだ…」


なんて想いを馳せる事がしばしばだった。

今考えれば、幼い子供の単純で幼稚な想像(妄想?)だが、

当時のオレにはすごく重要な問題だった。






思えば、この頃からオレは都会に憧れていたんだろう。

田舎者コンプレックスだったのかもしれない。








高校3年にもなると、自分の進路を決めなければいけない時期が来る。

進学か、就職か。

進学でも良かった。

だけど、オレは就職を選んだ。

向こう岸にある「まだ見ぬ街」を知りたくて、就職を選んだ。

だけど、どうせなら「まだ見ぬ街」は後回しにして、

もっともっと明かりが光々とした都会を見てみたくなった。

だから、関東に就職した。





─────────────至って単純な理由。

それ以上も、それ以下もない。

ただそれだけだった。







オレは自分の望み通り、都会で生活を始めた。

初めて見る都会は自分が想像していたよりも明るくて、

人も多くて、

すべてが無機質に感じた。

見渡す限りコンクリートとアスファルトで固められた地面。

看板と電線で埋め尽くされた空。

月よりも明るいネオン。

オレは望み通り、都会で生活を始めた。








─────────────すべての違いに違和感は拭えなかった。










数年後、オレは地元に戻る。

そこは昔と何も変わらず、向こう岸には光々と輝き続ける照明があって…。

満月になれば、優しくて柔らかい明かりがオレを照らしてくれていて…。

その光が海面に反射して、まるで向こう岸まで続く光の道のようだった。

昔はあんなに向こう岸の明るい照明に心を奪われていたのに、

今は違う。

今は向こう岸の照明よりも、もっと遠くで輝き続ける満月の明かりに心を奪われている。

向こう岸にどんな世界が広がっている?

そんな事はどうでも良くなった。








ずっと地元に残り続けていたとしたら…。






こんなふうに、満月の明かりに心奪われる事なんてなかったのかもしれない。

こんなふうに、小さい頃から見ていた「当たり前」に気づかなかったかもしれない。

こんなふうに、「小さな贅沢」に気づかなかったかもしれない。

年齢が変われば価値観も変わる。

環境が変われば価値観も変わる。

自分が変われば価値観も変わる。

変わらないもの…。






それは昔からある「当たり前」なんだろう。





本当の贅沢って、その「当たり前」に気づけなくなった時なんだろう。

オレは幸せだった。

その「当たり前」に気づけた。

だから…。

そう…。









ここが僕のいるべき場所。

きっと、幼い時から見ていた向こう岸の都会や、光々とした照明は

ただのオレの憧れだったのかもしれない。

夜光虫が光を求めて飛び続けるように───────────

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント

nanikono
ゴマっぽくないブログ・・・・・・

まぁそれわかるなー
あたしも田舎だし~。。。
まぁオトンが都内に勤めてて、無料定期があったからそんな遠い気がしなかったけど・・・・
(駅員だから、無期限無料定期w)

でもわかるー

でも都会には住めないな。
ヒトうざいわ。


ゴマが関東にいたら。。。飲んでたな。
間違いない!!!
(不倫についてかたろう!!!)

って、ゴマ・・・
気付いた?
書いとくよ??

アタシ離婚して

フリーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
ぎゅああああああああああああああああああ

GYAAAAAAAAAAAAAAAAAA

んで 彼氏います ほし

ってなわけで

ゴマも楽しく暮らすんだお!!!

休み満喫 乙!!!!!!

アタシゎ暑いなか仕事頑張ってるさ・・・・

補佐が23から来るよ!!!!!
九州から☆くるおおおおおおおお

楽しみいいいいいいいい

あ、今日gv
ヘンタイとの交流腺だからきてwwwww


2007/08/17(金) 09:22:02 | みぃコ | #-[ 編集]
>みぃコ
ムキーーーーー!

たまに好感度上げようとして結果がコレさ!

なんとなく、自分の生い立ちなんぞを語ってみたくなったのさ!

まぁ…。

失敗に終わりましたけd…

ヽ(´ロ`ヽ゚)゚・*:.。ママ~~

いや、もういいんですよ。

いいんです。

ちょっと小難しいお話なんぞを書いてみたくなったのです。

たまにまともな事を書かないと本当にアホな子になりそうだったので…。

あ。

そだそだ。

離婚した事も、他の人と付き合ってる事も知っとるぞえ。

メールでお返事出した記憶が…。

ま、いっか。
2007/08/17(金) 22:29:08 | ゴマガエル | #-[ 編集]
いや、普通にいいハナシ、
あたし好きです(´▽`)

いつものネタ(爆)でも
別にぜんぜんいいけどねww

ゴマさんは文章力あるなぁ。
何書いても。

てか、事実めっちゃ夜景キレイなとこやね☆☆
いいなぁ。

住めば都っていうけど、
どうなんやろね?

うちの地元は都会、しかも工業地帯で、
土壌も空もヒトも汚染されまくってる街。
教養やら文化レベルが低く、
貧乏人が多い労働者の街です。
でもなんかとりあえず都会。

あたしは地元大嫌い(`エ´)
地元愛皆無(`エ´)
・・・でも一度も離れたことないんよね~。
なんかくされ縁的にw

これでも、一度離れたら愛しく思えるのかねぇ。

・・・たぶんないな(苦笑



でも、やっぱり地元の友達は大事(*´▽`*)
2007/08/18(土) 10:27:26 | moe | #cxq3sgh.[ 編集]
>moeさん
いや、私も初めは嫌いでしたよ。地元。
ベッドタウンだし。
だけど、離れてみてやっと気づいたんですよ。
ベッドタウンなりにいいトコはあるもんだな。と。
もしかしたら、moeさんも地元を離れればイイトコが見えるかもしれないし。
きっと、ないものねだりなんじゃないのかなぁ…と思うんですよね。

無くなってみないと、その良さがわからない。というか。

まぁ、でも地元の友達がいるから、未だに住んでるっていうのも頷けます。
友達って疎遠になると、トコトン疎遠になりますからねぇ…。

p.s.
いい話を好きって言ってもらえてよかった…。
なんか、ちょっと書いた後でこっぱずかしくなってたんで…(汗)
2007/08/19(日) 22:43:30 | ゴマガエル | #-[ 編集]
わたしも、ゴマさんのいい話すきだよ

自分の生まれた所を好きになれるって最高さね
離れてみてわかる良さ
だねv-410
2007/08/23(木) 11:20:32 | ぶんぶく | #-[ 編集]
>ぶんぶくさん
ああああ~~~。好きって言ってくれてありがとうございますぅ~!

すんごい嬉しい。

でも、地元で生まれて地元で育つってのも何かの縁だと思うんですよね。

故郷ってのは誰しもひとつしかないんだし。

好き、嫌いはさておいて、そこにある思い出はいつまでも大切だと思うんです。

それこそが故郷の良さなのではないかな?と。
2007/08/26(日) 08:08:23 | ゴマガエル | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gomagaeru.blog39.fc2.com/tb.php/158-f3094c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。